管理者プロフィール

弁護士
関口 康晴
/ YASUHARU SEKIGUCHI
経歴

東京都渋谷区出身/St. George’s School(香港)卒業
立教大学大学院法学研究科民刑事法専攻博士課程前期課程 修了(法学修士)

平成14年 司法試験合格
平成16年 弁護士登録 第一東京弁護士会 入会
山下・渡辺法律事務所 入所
平成28年 関口・麻・石部法律事務所 設立 

役職等

平成20年~ ビル経営管理士試験 試験委員
平成25年~ 住宅紛争審査会 委員候補者
平成26年  第一東京弁護士会 若手会員委員会 委員長
平成27年~ 賃貸不動産経営管理士試験 作問委員
平成28年~ 立教大学法学部兼任講師
平成29年~ 日中法律家交流協会(理事・幹事)
平成29年~ 一般財団法人不動産研究所 判例研究員

主な不動産関係の執筆等

・マンションにおける共同利益背反行為への対応 編集代表
(日本加除出版株式会社、2018年)
・お墓にまつわる法律実務 編集・執筆代表
(日本加除出版株式会社、2016年)
・Q&Aマンション管理紛争解決の手引 共著
(新日本法規出版株式会社、2015年)
・(論文)建物への仮差押えが本執行に移行した場合の法定地上権の成否
(不動産研究第60巻第2号)  等

自己紹介

不動産、相続関連案件に強みを持ち、その他企業法務全般を取り扱う。モットーは、「有事に頼れる弁護士であれ」。弁護士登録後、不動産に強みを持つ法律事務所で、主に企業法務を中心に数多くの案件に取り組み知見を磨き、2016年9月に「関口・麻・石部法律事務所」を設立。代表弁護士として従事する傍ら、母校である立教大学では、兼任講師として後輩の育成にも力を注ぐ。趣味は「ジョギング」で、1回につき10キロ程度走って気分転換をしている。日本酒も好きで、仕事仲間と酒を酌み交わすのが、至福の時間という一面も。

講演・講師

・債権法改正と不動産取引(売買編・賃貸借編)
(主催:一般社団法人全国住宅産業協会 他)
・ポイントでおさえる民法(相続法)改正
(主催:立教税理士会)
・お墓にまつわる法律について ~弁護士に聞く日頃の悩みの解決方法~
(主催:浄土真宗本願寺派東京教区青年僧侶協議会)
・「弁護士倫理研修」
(主催:第一東京弁護士会)
・「事例から考えるクレーム対応のポイント」
(主催:東京都理容生活衛生同業組合世田谷支部 玉川地区教育部・青年部)
・「遺言相続実務~相続を争続とさせないための準備~」
(主催:神奈川 SR 経営労務センター 県央ブロック・湘南ブロック)
・「遺言・相続セミナー ~大切な人のためにできること~」
(主催:NPO 法人遺言相続リーガルネットワーク)
・「賃貸借契約を巡る法律問題~更新料問題を中心として~」
(主催:不動産立教SB会)
・「弁護士が伝える、明日から使える交渉事のポイント」
(主催:株式会社インプループ)